サングラスの役割とは?特徴や選び方をご紹介します!


サングラスはなぜつけるといいの?

サングラスは紫外線や風・埃などから目を守るために着用します。ファッションとしてかける人もいますが、UVカット率などを意識して購入することが大切です。特に、冬の紫外線は目に当たりやすく、刺激も受けやすくなります。また、雪が降っているところでは、照り返しによる刺激が強いです。継続的に紫外線の影響を受けていると、目の乾燥やかすみだけでなく、視力低下の恐れもあります。よって、状況に合ったサングラスを着用し、目を守るといいのです。

レンズカラーの選び方を知ろう!

サングラスのレンズカラーにはさまざまなものがあり、グレー系は紫外線の光を均一に抑える働きがあります。眩しさを抑えられますが、視界の色が変わりにくいことが特徴です。よって、サングラスを初めてかける人に合っているでしょう。ブラウン系のレンズカラーは、緑色光線が弱くなることで、コントラストがはっきりします。テニスやゴルフなど、芝生や緑色のコートで運動をする時に向いているレンズです。また、眩しい光をカットするのがブルー系のレンズになります。コントラストは下がりますが、目の刺激を抑えられることが特徴です。そして、射撃手やハンターには特定の条件下でコントラストを大幅に高めるイエロー・オレンジ系のレンズが合います。

サングラスは手入れも大切!

サングラスを着用していない時には、弱圧の水で洗うなどの手入れをします。洗った後は、すぐに水分を拭きとりましょう。ただし、偏光レンズの中に入っているフィルムが水に弱いため、クリーナーを使用する場合もあります。また、レンズを擦ると細かい傷がついてしまうため、注意が必要です。専用のクリーナーやメガネ拭き・ケースを使うことで、サングラスを長持ちさせられます。

サングラスは、人体に有害な紫外線をカットする他、周りの人からの印象を良くするためのアイテムとしても役立ちます。

© 2022 Choose The Perfect Sunglasses - All Rights Reserved.